新しいソフトウェアを導入する時の注意点

###Site Name###

新規にソフトウェアをインストールする場合は、初めて起動を行う時や使用中、アンインストールを含めて配慮する事が大切です。
市販の商品であれば、メーカーによるサポートや補償を受けられるので、トラブルが起こっても安心出来る要素はありますが、致命的なバグが含まれる可能性もゼロではないですし、データが消えたり壊れる状況も想定されますから、バックアップを行ってから導入作業に移行を進めます。

大抵はインストーラーが搭載されているので、ソフトウェアは多くの工程を自動で進捗しますが、途中で選択や入力を求められる場面もありますから、説明をよく読んで作業を行い、次に進行するボタンを押し進める必要があります。
特に重要な選択を行う際には、安易にボタンのクリックを行うのではなく、間違った状況のリスクを想像したり、ミスから発生する時間的なロスや負担を考えるのは重要です。



慎重なソフトウェアインストールを終えたら、次は初回の起動で設定を始める段階に移行します。



多くのソフトウェアは初期段階でも使える様に設計されていますが、使い易い状態は人それぞれ違いますから、試行錯誤を繰り返して画面の配置を決めたり、色を変更して見易い設定を発見するのは今後も役立つ方法です。

また、一つの変更で大きく使用感が変わる事も想定されますから、初期設定に戻せるリセット機能がソフトウェアに備わらない場合は、最初の設定をファイルに書き出したり、バックアップを取っていつでも戻せる状態にしておくと便利です。

コトバンクの最新情報を掲載しました。